2005年07月25日

「夏に生まれる子どもは多い」説を検証した

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091121793021.html

夏生まれはホントに多いのか、という検証です。
一番多かった出生月は
1950年…1月
1955年…1月
1960年…1月
1965年…1月
1970年…1月
1975年…1月
1980年…7月
1985年…7月
1990年…6月
ここから一年毎の調査になっていて、91年が6月。それ以降2000年と2001年が8月なのを除いて全て7月生まれ。へぇ。
でも何で冬から真逆の夏に生まれるようになったんでしょうね。


posted by じっぷ〜 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | へぇ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
そりゃあ、75年ごろは夜、何もすることがないからだと思いますよ!夏生まれがおおくなったのはやはりジェーンブライドの影響でしょう。
Posted by ハラヒロ at 2005年07月25日 12:30
あー、そうなのかもしれませんね…。
なんで75年以前は冬生まれなのかも謎です。
Posted by じっぷ〜 at 2005年07月26日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


夏生まれの夏っ子は多かった!
Excerpt: 小学生の頃、4回も転校したので、なんとなく7月生まれが多いなと漠然と思っていました。ある学校で転校初日、先生に誕生日は何月と聞かれ「しちがつです」と言ったら、「しがつね」と聞き間違えられ出席番号が1番..
Weblog: 裏板橋区188丁目
Tracked: 2005-07-26 12:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。