2005年07月17日

カフェラテとカフェオレとカプチーノ、カフェレーチェ及びコーヒー牛乳とミルクコーヒーの違い

http://homepage2.nifty.com/vj/zas/ki/04cafe.htm

実はよくわからない、それらの違い。少し胸の支えがとれました。以下引用です。

カフェオレ…ドリップコーヒー使用。コーヒー50%、ミルク50%。
カフェラテ…エスプレッソコーヒー使用、ミルクが泡立たないよう暖めたミルク使用でコーヒーの比率が20%に対してミルクが80%。
カプチーノ…エスプレッソコーヒー使用、3分の1がエスプレッソコーヒー、3分の1がミルク、残りの3分の1がフォームドミルク(空気を含んだミルクの細かい泡)を使用。
カフェレーチェ…“コーヒー牛乳”が使えない際にメーカーが苦し紛れに付けた名前。
ついでに、
カフェマキアート…エスプレッソに少量のミルクフォームを加えたモノ。

こんな感じらしいです。
コーヒー牛乳というのは、単純にコーヒーと牛乳が混ざったモノらしいのですが、平成13年頃から乳脂肪分3.0%以上、無脂乳固形分8.0%以上を含む製品にのみ、「牛乳」という文字が使えるようになったらしいので、現在はほとんどが「コーヒー乳飲料」とか。

へぇ。知らないで飲んでました。

参考)
ミルク健康最前線


posted by じっぷ〜 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | へぇ このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。