2005年07月14日

トラウマって何?

http://www.med-legend.com/mt/archives/2005/07/index.html#000731

以前山口の高校で起きた爆破事件で、PTSDなどの心的外傷を治療(表現違うかも)するためにカウンセラーを常駐させているそうなのですが、それに疑問というか違和感を感じているというお話しです。

確かに、花火程度でカウンセラー、というのは僕の感覚ではちょっとおかしいと思います。まあ、事件に一切関わっていない全くの部外者なので、事件に関わった生徒などの状態が分からない以上、カウンセラー常駐が適正か否かはなんとも言えません。

ただ、最近よく思うことがあるのですが、この一件も含め「○○学校の窓ガラス数枚が割られる事件がありました」などの事件、僕の中学校では百枚単位で窓ガラスが割られていたり、不審火はしょっちゅう、交通事故などもよくありました。僕が入学する前は一年に何回も消防車やパトカーが校庭に集結してましたよ。これは僕の中学が若干荒れてたこともありますが、周りの中学も比較的そんな感じだったように思います。

あくまでも僕個人の感覚という話になりますが、現代の子ども(学生に絞っていいと思いますが)は過保護、というかアマチャンな気がしています。正直、爆発物が教室に投げ込まれても心的外傷後ストレス障害なんていう“病気”にはならない自信があります。

カウンセラーを置くとか、カウンセラーを置いたという話とか、そんなのが背景にあってPTSDなどになるということはないでしょうか。


posted by じっぷ〜 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他記事 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。