2004年01月23日

キレるネズミ「誕生」 独協医大教授ら、脳内分泌を調整

http://www.asahi.com/science/update/0123/004.html

どんなネズミになったのか見てみたいですね。どうキレるのか。
興奮にかかわるノルアドレナリンが減った場合に攻撃性が高まっており、この物質はもっと複雑な働きをしていることを示している
ストレスや、恐怖、不安によってノルアドレナリンが分泌されます。
やっぱりストレスは天敵か…
ストレスっていいことないんでしょうか。ないか…


posted by じっぷ〜 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他記事 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。