2006年03月30日

ミクシィのCTOが語る「mixiはいかにして増え続けるトラフィックに対処してきたか」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060330/233820/

イーマキュリー(現在の株式会社ミクシィ)にSNSを持ちかけた張本人。なんと3ヶ月で作ったそうです。で、サーバーの負荷分散のお話し。非常に興味深いです。

ちなみに、聞いたところによると、6ヶ月くらい設計、3ヶ月コーディング、この人一人で書いたそうです。現在は5-6人でしょうか。DBの負荷分散の話がメインですが、他にも色々工夫がされていて、基本的なところだとPerlのモジュールを組み合わせたり、DBもログ系とデータ系を分けたり。特に負荷が掛かってきたときに色々働くような仕組みになってそうです。

やはりDBには取りわけ気を配ってるのが分かります。
posted by じっぷ〜 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース - IT このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15772722
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。