2004年01月15日

緑茶カテキンでDNA損傷

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20030926so12.htm

記事によると、高濃度の緑茶カテキンでDNAが損傷、損傷により細胞が癌化。
お茶と言えば静岡。ということは静岡の癌発症率は高いのかと思い調べてみました。
どこにも資料が無く、見つけたのは肝ガンの発症率。(社団法人日本肝臓学会
これを見る限り、お茶は関係なさそうです。
それと、SAGEによる平均死亡率比というのも見つけました。(東京都健康安全研究センター
結腸癌、直腸癌、肺癌、乳癌、についてだけ載っていますが、お茶はやはり関係ないように思います。
どんな因果関係があるのでしょう。気になりますね。


posted by じっぷ〜 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他記事 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。