2006年03月25日

レボリューションでの開発を表明――ポケットの中のフランチャイズ? 「おいでよ どうぶつの森」のケーススタディ

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0603/25/news008.html

どうぶつの森の制作秘話、みたいな。当初の企画では悪を倒すという目的を持ったゲームだったんですね。しかし、なにか計算通りにユーザーが刺激されてるような気になってきました。売れるべくして売れてるような。
レボリューションでも制作するようで。
携帯機向けとして支持を得られたニンテンドーDS用『おいでよ どうぶつの森』と、据え置き機として作られるレボリューション用『どうぶつの森』を差別化しつつも、うまく相乗効果が得られるよう考えていくことも課題だ
ここはとても気になりました。DSとどこかで互換してくれるとすごく嬉しいです。

[DS]おいでよ どうぶつの森


posted by じっぷ〜 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム − 任天堂 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ds:おいでよ どうぶつの森
Excerpt: キューブ版のぷらす、eぷらすもプレイしましたが 持ち歩いたら楽しいだろうな~と思ってました。 6つの特に楽しみにしていること  1.村を知らない友達にとたけけさまの生演奏も聞いてもらえる!!!..
Weblog: なんでも情報局
Tracked: 2006-07-23 11:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。