2006年01月25日

創造的なエンジニアのための働く環境とは(1)

http://blog.japan.cnet.com/kenn/archives/002580.html

大変興味深い記事でした。
たとえば、Cでコーディングするのが主流だった時代には誰よりも早くコードが書けて、頭の中に「問題とそれを解決する実装方法」をむすぶリンクに潤滑油が効いていて、まるで日本語のようにスラスラと書けていた誰かさんが、技術の修練をサボタージュしている間に、世の中はどんどん先に行ってしまう。
自分の思考のスピードにコーディング能力がついてこなくなる。周りの人たちに、どんどん追い越されていく感じがしてくる。
一部中略

特に去年〜今年はそれを感じる傾向が強く、ちょっとでもアンテナが緩むと追いつけなくなりそうな不安感でいっぱいです。いや、もしかしたら、最近になってブログなどのコミュニティが増えて、アンテナが広がったことで不安を感じるようになっただけなのかもしれませんが。

正直、今仮に一ヶ月〜半年とか勉強をサボったらついていけなくなるような気が。この業界に足を踏み入れた時からこのプレッシャーは始まってるんですけどね。
posted by じっぷ〜 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム/開発 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。